FC2ブログ

ぶちゃブロ

銀魂溺愛にっき。サイト更新/新刊情報等。土銀沖神/沖土/篠鴨/桂幾etc ※※禁無断転載※※

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

連載完結直前 大銀魂展レポ 

2017/02/01
Wed. 18:59

去る2016年末、銀魂最後の花火と銘打たれた初の原画展が行われました、
題して「連載完結直前 大銀魂展 ~ツケが回る前にケツを拭け」
すでに東京会場の開催期間は終了したのですが、名古屋・大阪・札幌会場がこれからありますし、
思い出を少しでも残しておきたいので1ヶ月たっちゃってますがレポにしておきますね!
当然ネタバレバレですので、今後他会場でご覧になる方はその点お気をつけ下さい。

それでは、どうぞ!
このイベントの発表があったのが結構イベント開催が近くなった頃で、慌てて算段に回りました
なんでって、両国ならもう複数回あってるので大体の対策が立つのですが、こういう展覧会系イベントは初めて。
前売り券は買えても、予約ができるわけではなく、さらに開催期間が14日とあまり長くない印象で、さらにさらに年末年始、冬コミにだだかぶりということで大行列は必至。そして私が行けるのは冬コミ上京のついでに限られるので、冬コミ前日しかない。同様の冬コミ勢が殺到するのは目に見えてます。チケット持ってるのに入れないとか泣くに泣けない。
しかしこちとら体力がない虚弱体質、となるとできる限りの対策を打たなければ大げさでなく死にます。
そんなわけで朝イチ行列をできるだけ身体に負担なくするために、秋葉原近辺にホテルをとる徹底ぶり。
山手線始発から並ぶことも考えましたが、Twitterで前日までに集めておいた情報により、そこまではしなくていいかと判断しました。

朝7時に会場の秋葉原UDXに到着。
DSC04595.jpgDSC04594.jpg
DSC04592.jpgDSC04597.jpg
うっすら朝焼けがきれーい。冬の東京さむい……(ガタガタガタ
この時点で列は20人いたかいなかったかというところ。あれれーこんなもんかな?と思っていたら、あとからくるわくるわご同志様方が。確か整理券の配りはじめが8時15分とかそのへんだったはず。その頃には列もだいぶ長くなっていました。
並んだのは1時間強といったところでしたが、いや~寒かったな~しんどかったな~;;;
でも、うれしかった!これで「銀魂最後の花火」を自分の目で見届けられるんだって!

先に撮っておいた会場入口の万事屋ディスプレイ。
DSC04599.jpg
かなり高さがあります。
DSC04602.jpg
下からこれだけ見上げられるだけのサイズ!
DSC04601.jpg
かっこいい……(はふーん

朝7時から並んだ甲斐あって、初回入場の整理券をゲット!整理券の二重取りを防ぐため、手にスタンプを押してもらってから一旦離脱します。ホテルに戻って少し休み、チェックアウトをすませ、カウンターに荷物を預けて再出陣です このためのアキバ近くのホテル!この戦略はドンピシャリでした!(考えたのは私じゃないけども……(笑)
そして初回入場に合わせて、いよいよ今度こそ出陣です!

私が行った日の配布名刺は、神楽ちゃん!神楽ちゃんヒャホーお名刺もかわいいよ!
スタッフさんがやたらアルアル言ってたな……(笑)あれは神楽ちゃんの日だったからなのか、男性スタッフさんが主にアルアル言いまくってましたね 他の日はどうだったんでしょうねw
音声ガイドは、選びがたかったけれど真選組を選択……!ううっ2回とか行けたら両方聞いてたさ!(血涙)
てっきりイヤホンタイプなのかと思ってたら、受話器タイプの機器が貸し出されましたね。人混みの中でもしっかり聞けました。
入ってすぐ、撮影OKの大サービスのディスプレイがこちら。ついったでもだいぶ回ってましたが、載せておきますね。
DSC04605.jpg
なんともぎんたまらしいディスプレイ。
この角度では見えませんが(なにせこの時点ですでに結構な人数が入ってるのでポジションどりも容易ではない)新八のマネキンはちゃんと眼鏡をかけていたとか。細かい
DSC04607.jpg
ゴザが敷かれているのは、あの背表紙銀魂の年のジャンプです!ずらーり
DSC04608.jpg
バックには、1巻から年末発売の最新刊までの表紙がびっしりと。壮観。

このスペースからすでに音声ガイドがついてましたね 神楽ちゃんの頭を踏んづける総悟……(´∀`*)
ここから仕切りを抜けると、原作絵を使った紹介映像が流れるのをみんなで見て、いよいよ原画スペースへ。

DSC04839.jpgDSC04840.jpg
これがエリアガイド。音声ガイドは、該当するスペースに入ったら自分で番号を押して聞く仕組みでした。もちろん聞きたいところは何回でも聞けます。

そしてずらりと並ぶ原画の数々……連載初期、比較的最近のもの、ギャグ、シリアス、トビライラスト、単行本表紙用カラーカット、とにかく相当量の原画がみっちりと!そしてかなりの数にゴリラ神のコメントがああああああ!!!!!
私はそんなにこれまで原画展の類はいってこなかったんですが、すごいんですね原画って……あれだけの面積に、ものすごいエネルギー量が注ぎ込まれていたのが一目で分かります。ゴリラ神ご本人、そしておそらく大勢のアシさん方の。
私、銀魂のものすごい精密なパース線をデジタルじゃないかと疑ってたんですが、とんでもありませんでした。全部アナログでした。つまり手書きでした。ええーあれどうなってるの……あのほっっっっそいパース線をどう引いてるのかをジャンプ流で見せて欲しかった……
そして怒濤のホワイト、切り貼り、枠外の鉛筆指示、水色鉛筆のトーン範囲指示など。ご自身で「僕の原稿はクソ汚い」とおっしゃっていましたが、あれは汚いと言うよりも、作品への執念というか、クオリティアップのためのものすごいエネルギーがそういう形になったのであって、汚いとは微塵も思いませんでした。どの原稿もジャンプあるいは単行本で何度も反芻したものなのですが、そのもとになったものが目の前にずらっと並んでいると言うことの尊さ。密度。読んだことがあるはずなのに、見たことがないものがそこにはありました。
さすがにコメント全部は覚え切れていないので、購入したパンフだよりの部分が大きいのですが(そのパンフにもコメント全収録はされていない)印象に残ったところを列挙します。

・キャサリンZZZ回がゴリラ神の五指に入るお気に入り回で私はうれしい 私も同じです
・動乱篇が常設展示本当にあり……がとう……伊東先生はゴリラ神本人が、確固とした意思を持って(編集さんの「死ななくても……」の言葉を押し切って)退場させたという、伊東派には非常に大事な情報がありました 本当にありがとうございます
・例の、伊東先生が入った人気投票見開きカラー、金さんが入っていたことが意外だったとのこと つまり伊東先生は意外じゃなかったんだ……!?
・カラーカットで鉛筆で主線を描いたもの(銀さんでした)は、沙村先生の「無限の住人」見て触発されたものとのこと。
・さらば真選組篇開始時点では近藤さんが死ぬのかどうかは決まっていなかったという驚愕の情報 危ないところだったんだ……
・「真選組は一度死んだ」これも重い……
・サブちゃんもやはり覚悟を持って退場させたという 伊東先生がそうだったんなら、そりゃあサブちゃんもそうですよね 「作者にも止められない死がある」ずっしりくる言葉です。
・近藤さんの件よりも驚いたのは、攘夷4人について「もうこの4人が一堂に会することはない」と断定したコメント……えっ、そ、そうなの!?まっ先に頭をよぎったのは「高杉が死ぬんじゃないか」と……伊東先生とサブちゃんをあれだけの覚悟を持って退場させたわけですから、そしてその二人の退場はそれぞれの行いがあってのことですから、それを踏まえると高杉がどうやってこれまでの自分の業に落とし前をつけるのか。やってきたことは伊東先生やサブちゃんの比ではないですからね。もちろん、史実で退場が早かった人でもありますし。神威も相当なことやってきてると思いますが、パピーが腕もう一本犠牲にして止めてるわけで。そういう、バランスをとってくれる何かが高杉にはない、となると……やっぱりそういうことなのかなあ、と思えてしまうコメントでした。いや、わかんないですけど……

とにかく、ただでさえ情報量の多い銀魂の原画がずらあっと並んでるので、丁寧に見ていくと消耗がすごい、こちらもエネルギーを食われます。これは本来複数回に分けて見た方がいいくらいの内容ですね。それくらい圧倒されました。

そして他のジャンプ作家さんからの色紙とコメント、これがまた貴重なんだ……鳥山明先生の娘さんエピソードとか気の毒すぎてwww 私としては、やっぱり藤巻先生ご本人がね、黒子野太助を描いて下さったのがねー!!!うれしかったですねー!!!この辺はパンフに全部収録されていて、ほんとにありがたかったです。や、最初「これ誰……?」って色紙の前で首をひねりましたけどね……(笑)(だって黒子野っちは顔が設定されてないからしょうがないwww)
とにかく、今後地方会場で行かれる方は悪いこと言わないからパンフだけは絶対に買った方がいい、おねだん1800円でしたけどそれ以上の価値は間違いなくあります、大きいし結構厚みあるし、それ考えるとむしろ安いから!
あと音声ガイドね、これもパンフにシナリオ収録されてるので1回しか行けなかった人にほんとに優しいです。すごくよかったです。耳元で総悟に……あの……ブヒィィィィィィィィ!!!!!!!(良く飼い慣らされた雌ブタの叫び)

ラストにゴリラ神の原稿机再現(担当編集が吐くほど忠実に再現されているとのこと)がありましたが、そこには比較的最近掲載されたばかりのハタ皇子の回想の下りのラフ原稿が。ジャンプ流でカットラフを3枚くらい描いているのを見ましたが、おそらく連載原稿でもあれやってるんだなっていう形跡がありましたね。そういえば、この月初めに出たジャンプ流にお仕事場拝見がなかったのは、大銀魂展にとっておくためだったのかしら……推測でしかありませんが。
あと、実写版の旬時の衣装が展示されてました。実際に撮影に使ったものだそうです。銀さんの着流し、結構厚みありましたね。いやあ実写版もたのしみです……!
最後に、トイレットペーパーを模した紙に赤のサインペンでゴリラ神へメッセージを書けるところがありまして、そこに思いの丈をくどくどくどくどと書き込んで参りました。ゴリラ神へ届けこの思い……!

そこを抜けると物販スペース。かなり広めにとってあり、レジの数もしっかりあってお買い物もスムーズにできました。いくつか完売品も見受けられたものの、私がほしいものはすべて確保できたかんじ。基本グッズは5限でした。
買ってきたものをご紹介。かなり厳選して買ったつもりです。
DSC04830.jpg
神シモトランプ。下ネタシーンばかり集めたトランプ、当然全部絵柄違います。将ちゃんが結構あってうれしい。モザイク率も高い。
DSC04832.jpg
ラバマス。この、ペン銀さんの足下のぐらぱちがかわいすぎて衝動買い。
DSC04833.jpg
一筆箋とポストカードセット。一筆箋は実用できるように、2冊買ってきました。絵柄も4種類ほど入ってます。
ポスカセットは買うつもりがあんまりなかったのですが、
DSC04834.jpg
ホラ!裏面にこのカット!!!このカット、集英社のコミックカレンダーが横長の超変形サイズで、これをこのまま使ったグッズってたぶんないんですよこれまで。それがまるのまま使われてるなんて……!と感動して買いました。この時のコミックカレンダーは大事にとってあります。
DSC04848.jpgDSC04850.jpg
ジャスタウェイ貯金箱。普通に貯金箱が欲しかったもんで……裏面には「マムシ工業」とロゴ入り。
DSC04842.jpg
グッズを買うと入れてくれる袋。キャラ数多くてうれしい
DSC04843.jpgDSC04844.jpg
全員うつるように。
DSC04846.jpg
そして、4500円以上お買い上げでもらえるショッパー。おともだちへのお土産でパンフを上限いっぱいまで買った私は超よゆうで突破しましたね(笑)
このほかに、複製原画も全種類コンプしてあります。2万円以上する高級複製原画には手を出しませんでしたw いや~、買っちゃうんじゃないかと自分でも心配してたんですけど……確かにキレイだったんですけど、実物の原画見た直後だと、「あ、やっぱり複製なんだなホンモノじゃないんだな」と妙に冷めた目で見てしまい(笑)本物なわけないんですけどね!おサイフ的にはそれで良かったわけですwww
もうとにかくグッズの種類が豊富で、しかもアニメ絵ならともかく原画グッズってかなり貴重。事前にサイトで相当吟味してから行きました。マグカップやTシャツはすでに自宅にあふれてるので今回は涙を飲んで見送りました。まさに悪魔の宴、これから行かれる方はお気をつけ下さい(笑)

3人で見に行ったのですが、人が多いのと見るペースがそれぞれ違うのとで(あと物販で吸われる時間も各自差がある)開始そうそうにばらけてしまい、UDXを出たところのプロントで待ち合わせしました。このプロントが大銀魂展とコラボしてるという商売上手。800円以上のお買い上げでコースタープレゼントでした。
DSC04835.jpg
コースター、チケットと名刺と一緒に。よろず屋ぎんちんカワイイ~~~!!!神楽ちゃん、2年後にはちゃんとそのお胸サイズになってるから大丈夫だよ(´∀`*)チケット、アニメイト限定は真選組の3人イラストですごくかっこよかったのですけど、遠隔地の悲しさ。おともだちにローチケでとってもらった普通の券面です。
DSC04837.jpg
名刺の裏はこんなでした。

他にも確かもう1店舗コラボしてるお店があって、そちらのコースターは万事屋?攘夷?だったのかな さすがにそこまでコンプする気力はなし。
大銀魂展を、ゴリラ神の生原稿を受け止めるだけでせいいっぱい、本当に素晴らしい展示だったと思います。見に行けるタイミングで、本当に本当に良かったです。
内容そのものはコミックスで見ているものでも、作家さんの生の息づかい、エネルギー、そういうものとの対峙の時間でした。そして、会場中にいるみんなが、銀魂が好き!という空間。この翌日はコミケでしたが、コミケとも違うんですよね。その密度が。この体験の貴重さは、言葉には言い表せないくらいです。原作が最終章に入ったこの時期に、素晴らしい企画をしていただいて、主催様にも感謝のひとことです。
ありがとうございました……!

これから地方会場でもし機会のある方、ぜひ行かれると良いと思います~!その際には、神のみわざを受け止めるために、ごはんと睡眠、しっかりとって行かれることをおすすめします。いやほんとほんと、ほんとにすごいんですって。すごいからこそ、受け止める側にもエネルギーがいるんですって。
ちなみに私は朝ご飯とかちゃんと食べていきましたが、大銀魂展を出てしばらくしていきなりスイッチが落ちたようになり、アキバのミスドで動けなくなって帰りはタクシー使いました。ドーナツおいしかったです(笑)



[edit]

CM: --
TB: --

page top

2018-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。